いよいよ調停期日を迎えて、いざ裁判所へ。

だけど、どういう服装で行けば良いのでしょうか。

スーツがいいのか、それともラフな格好でも構わないのでしょうか。

初めて行く場合は、悩んでしまいますよね。

今回は、離婚調停で裁判に行く際の服装に関して、お伝えしていきます。

離婚調停の男性の服装は??


裁判所に行く際、どういう格好がいいのでしょうか。

いざ行くとなると、迷ってしまうはず。

裁判所から服装に関する指定はありません。

かといって、上下スウェットで行っていいわけではもちろんありません。

服装ひとつで調停委員の印象は大きく変わってしまいます。

いくら礼儀が正しくても、服がだらしなければ、それだけで印象は悪くなってしまいます。

男性の場合、裁判所にはスーツで行くことが無難でおすすめです。

もしスーツがなければ、それに準ずるような服装がいいでしょう。

ここでのポイントは、いかに調停委員の人に好印象を持ってもらうかです。

あなたが裁判所で話す際、話の相手は調停委員になります。

調停委員で若い人はなかなかいません。

できるだけ、年配の人が好むような服装を意識してみましょう。

服装から、離婚調停を有利にしていきましょう。

離婚調停で裁判所へ。服装で気をつけるべきポイントとは。


ここでは裁判所に行く際の、具体的な服装のポイントに関して考えていこうと思います。

もしスーツを持っているなら、スーツで構わないと思います。

ここでは、スーツを持っていないけど、どうすればいいのか悩んでる人にお伝えしていきます。

1つ目が清潔感のある服装です。

最も重要なポイントかもしれません。

汚いと思われると、その後の調停にも影響しかねません。

アイロンなどもしっかりかけておくようにしましょう。

2つ目はあまり見栄を張らないことです。

気合をいれるために、普段しないような格好をしたり、高級な服を着ていこうとする人もいるかもしれません。

ですが、そうした格好はあまりふさわしくありません。

きらびやかな印象は、場合によっては悪影響になることもあります。

ポイントは、調停委員へ良い印象を残すことです。

無難な格好を意識するようにしましょう。

離婚調停で意識すべき身だしなみとは。


ここでは、離婚調停の際に意識するべき身だしなみについてお伝えしていきます。

箇条書きでお伝えするので、当日の朝にこの記事でチェックしてみるといいかもしれません。

  • シャツがシワシワになっていませんか。(しっかりアイロンをかけている。)
  • メガネは汚れていませんか。
  • 靴は綺麗になっていますか。(汚れがある場合は拭いておきましょう。)
  • 髭は剃っておきましょう。
  • 髪はしっかり整えておきましょう。
  • 服にシミがついていませんか。(白系は要チェックです。)
  • 清潔感のある服装になっていますか。
  • スーツが大きすぎたり、小さすぎたりしませんか。

しっかりチェックしておきましょう。

もしかしたら、服装で離婚調停の状況が変わることだってあるかもしれませんよ。

まとめ

  • 第一印象は意識しましょう
  • 清潔感のある服装にしましょう
  • 見栄を張らない無難な服装がおすすめです
  • 髭や髪もしっかり整えておきましょう

いかがでしたか。

もう一度繰り返しますが、第一印象はかなり重要です。

しっかりとした服装、身だしなみを心がけましょう。

それが相手に対する礼儀にもつながります。

当日の朝から、もう離婚調停は始まっていますよ。