「ある日、あれだけ信じていた妻の浮気が発覚。」

「離婚したいけど、妻は反対してなかなか決着がつかない。」

こうした状況の場合、離婚調停に進むこともあるでしょう。

信じていた人に裏切られるのは辛いですよね・・・。

ここでは浮気による離婚調停の場合の、慰謝料の相場、または必要な証拠についてお伝えしていきます。

離婚調停の際の慰謝料ってとれるの??


「妻が浮気して慰謝料をとりたい。」

もしあなたの妻が浮気をして離婚する場合、あなたは慰謝料を請求することができるのでしょうか。

慰謝料とは、一般的には精神的苦痛に対して支払われるお金です。、一般的には精神的苦痛に対して支払われ

不貞行為を通じて受けた苦痛を埋め合わせるために、加害者に払わせる損害賠償金なのです。

相手方に落ち度がなければ、慰謝料の請求はできません。

性格の不一致や、価値観の相違で慰謝料を請求しようとするケースもありますが、そうしたものは相手の落ち度にはならないので、慰謝料は発生しません。

ですが浮気が原因となって離婚に進むとなれば、相手側に落ち度があることになるので、慰謝料の請求ができるようになります。

慰謝料は妻にも求めることもできますが、妻の浮気相手にも請求することはできます。

離婚調停の慰謝料。気になる相場はいくら??


上記で述べたように、慰謝料の請求は可能です。

ですが実際気になるのは、その値段ですよね。

請求すること自体はいくらでも可能ではあります。

ですが、あまりにも現実離れした金額だと相手もその要求を飲むことは難しいでしいでしょう。

そこでポイントとなるのが、慰謝料の金額の決め方です。

決め方は主に、相手の収入、離婚の原因、結婚期間の3つから構成されていきます。

またさらに請求する側の金額の要因について詳しくみていくと、

  • 年齢(高いほど金額も高くなります)
  • 職業(社会的地位や収入が高ければ、金額は低くなります)
  • 自殺未遂やノイローゼなどの事情(こういった事情があると、高くなりがちです)

といった要因が、慰謝料の金額に影響してきます。

なので金額もばらつきはありますが、一般的には200万円前後だと言われています。

離婚調停で慰謝料をとりたい。そのための証拠とは・・・


妻に浮気されて、しっかり慰謝料をとりたいと思う人も多いはず。

そこで欠かせないのが、証拠です。

どういった証拠があれば有利になるのでしょうか。

それは、肉体関係があったとわかるような証拠です。

浮気は一般的には密室で行われます。

肉体関係が行われている最中に乗り込むのが、正直なところ最も確実な浮気の証拠にはなります。

ですがそれは難しいので、肉体関係が推測されるような状況であれば証拠として成立します。

例えば、不倫相手とラブホテルに入って行く写真などあれば、十分な証拠になります。

ラインやメールなどの履歴の場合は、そのやりとりの中で肉体関係を推測できるものがあれば、証拠として成り立つこともあります。

また2人がけの旅行に行って、同室に泊まった証拠や、妻もしくは浮気相手が浮気の事実を認めたものを書面化したものでも証拠品として扱うことができます。

こうした肉体関係が推測できるものを用意しておけば、十分に慰謝料を勝ち取ることができるでしょう。

まとめ

  • 妻の浮気で慰謝料をとることは可能
  • 相場はばらつきがあるが200万前後が多い
  • 肉体関係を推測できる証拠があれば慰謝料を勝ちとれます

いかがでしたか。

証拠次第では、十分に慰謝料をとることが可能です。

離婚調停の際は、証拠をしっかりと準備して慰謝料を請求するようにしましょう。