「妻に浮気されてめちゃくちゃショック。」

「もう顔も見たくないし、早く離婚したい。」

あなたもそう悩んではいませんか。

そもそも不貞行為とはどういう意味なのでしょうか。

ここでは不貞行為の意味と、離婚や慰謝料の請求に関して考えていきます。

そもそも不貞行為って??


あなたは不貞行為という言葉をご存知ですか。

不貞行為とは、配偶者のある者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つことをいいます。

もともと法律上では、夫婦にはお互いが性的に純潔かつ、配偶者以外と性行為を行わない状態を保つための貞操義務があります。

この義務に反すれば不貞行為となり、配偶者は法的に離婚請求が可能となるのです。

不倫や浮気とは似ていますが、違う場合もあります。

不倫に関しては、明確な違いはありませんが少し枠組みが異なると考えてください。

不貞行為とは異なり、不倫の定義は人によって少し変わってきます。

場合によっては、キスでも不倫だという人もいるでしょう。

不倫の中に、不貞行為という枠組みがあると考えるとわかりやすいです。

一方、浮気と不貞行為は少し異なります。

裏切ることは一緒ですが、浮気には配偶者がいない場合にもあてはまる言葉です。

結婚していない男女間で、浮気という言葉はよく出てきますよね。

結婚していなければ、不貞行為という言葉は当てはまりません。

不貞行為で離婚。慰謝料はとれるのだろうか・・・


妻に他の男性と肉体関係を持たれたら、たまったものではないですよね。

一刻も早く、離婚したいと思う人もいるかもしれません。

さて、不貞行為が理由で離婚する場合、慰謝料の請求はできるのでしょうか。

結論から言うと慰謝料は請求できます。

慰謝料とは「精神的な苦痛を慰謝するためのお金」です。

不倫がなければ離婚なんてしなかったということになれば、慰謝料ととることは可能です。

慰謝料の相場に関してはケースによって変わってきますが、だいたい100万~300万になることが多いです。

不倫相手との年齢差、婚姻期間の長さ、不貞行為の回数などによって、慰謝料の金額は変わってきます。

また、子供がいる場合はより慰謝料が増えることが多いです。

不貞行為があっても離婚しない場合もありますが、そうした場合は慰謝料の額は減る傾向にあります。

不貞行為による離婚。証拠って必要なの??


妻の不貞行為が原因で離婚したいし、慰謝料もしっかりと請求したい。

そのためには、証拠は必要不可欠なものになります。

不貞行為を離婚理由にしたいのであれば、「不貞行為を確認できる、もしくは推認できる証拠」を用意する必要があります。

不貞行為の立証には詐欺まがいのことも多いです。

裁判所では、そうした不貞行為に関する証拠はきびしく制限しているのが現状です。

ここでは、その不貞行為を証明するための最も有力な証拠をご紹介します。

それは決定的な写真またはビデオです。

妻が異性とラブホテルに出入りしている映像や、旅行中の様子、異性の家に行く様子などは証拠になることがあります。

その中でも特に有効なのが、ベッドの上での写真です。

服を着ていないような写真を撮ることができれば、ほとんどの確率でそれは証拠になるでしょう。

ただ、なかなかそうした写真が残っている可能性は少ないかもしれません。

まとめ

  • 不貞行為かどうかの分かれ目は肉体関係の有無
  • 不貞行為による慰謝料の請求は可能
  • 慰謝料を請求するためには証拠は必要不可欠
  • 決定的なビデオや写真は最も有効な証拠になるかも

いかがでしたか。

最近では、不倫や浮気のニュースも多く、こうした問題に直面している人も多いのではないでしょうか。

離婚を考えている方は、慰謝料の面も含めて、しっかりと準備することが重要です。