「妻と最近セックスレスで、もう結婚しているのかわからない。」

「一刻も早く離婚したい。」

セックスレスで悩んでいる夫婦は多いです。

セックスレスは一体どれだけの期間を示しているのでしょうか。

今回はセックスレスの期間、また倉庫は必要なのかに関して考えていきます。

嫁とセックスレス。離婚したい・・・


年をとるにつれて、新婚時代とは異なりセックスする回数も減る夫婦が多いです。

とはいっても、ずっとしていないのもなんだか拒否されているように感じてしまうかもしれません。

一体どんな原因でセックスレスになるのでしょうか。

その原因をここでお伝えしていきます。

1つ目が相手との関係がマンネリ化し、相手に性欲を感じなくなったことです。

あれだけ新婚時代は仲が良かったのに、時間の経過が夫婦の仲を遠ざけることは多いです。

2つ目は仕事や家事育児で疲れてしまうことです。

特に、子供ができてから性生活も変わってしまいます。

子供ができてから、全くセックスをしなくなった夫婦も多いです。

3つ目が相手側の浮気です。

女性は浮気すると、心も体もその男にいってしまうことが多いです。

妻が浮気すると、夫に対してセックスを拒否するようになります。

離婚するためのセックスレスの期間とは??


セックスレスの要因は、夫婦によってさまざまです。

法律の世界においても、夫婦間のセックスというのは、婚姻の必要不可欠な要素になると考えられています。

ここでは、離婚するためには具体的にどのくらいの期間が必要なのか考えていきます。

まずセックスレスの定義に関して考えてみましょう。

セックスレスとは特別な事情もなく、性交渉が1ヶ月以上ない状態を指します。

では夫婦の間でも1ヶ月以上セックスしていなければ、離婚の原因になるのでしょうか。

結論から言うと、1ヶ月だとなかなか離婚理由にはならないケースが多いです。

1ヶ月、もしくは数ヶ月だと相手がその後に応じる可能性もあります。

最低限1年以上拒否されれば、離婚の争点となってきます。

それだけ長い期間拒否されると、婚姻を継続しない重大な理由に当てはまり、夫婦関係の要素を拒否していることになります。

セックスレスによる離婚。証拠って必要??


セックスレスが原因で離婚する場合、証拠は必要です。

ましてや慰謝料の請求も考えているならば、証拠は必要不可欠なものになってきます。

妻に拒否された証拠として考えられるものをお伝えしていきます。

1つ目はセックスを拒否されたことを書いた日記やメモです。

そうしたことをノートなどにつけることは、れっきとした証拠になることがあります。

できればセックスを拒否される前の段階からの日記があると、一層良いかもしれません。

記録として残しておけば、妻も否定できなくなるでしょう。

2つ目は相手がセックスを拒否していることがわかる会話を録音しておくことです。

声としての証拠を残しておけば、確実な証拠になることがあります。

声はその人だとすぐにわかるので、否定したくてもできないものになります。

こうした証拠を事前にしっかりと準備する必要がありそうです。

まとめ

  • セックスレスの原因は夫婦によってさまざま
  • 離婚の争点になるセックスレスの期間は1年以上
  • セックスレスである証拠もしっかりと準備しましょう

いかがでしたか。

夫婦間の性行為は、婚姻関係の中でも重要な要素です。

正当な理由もなく拒否してはいけないのです。

離婚する場合は、しっかりとした証拠を集めて新たなスタートをきれるようにしていきましょう。