いざ離婚しようと思っても、住宅ローンが残っていたら気になりますよね。

離婚で住宅ローンの名義変更はできるのでしょうか。

ここでは、連帯債務者や連帯保証人も含めた住宅ローンの名義変更について考えていきます。

離婚による住宅ローンの名義変更について


離婚した場合、一般的には財産分与することになるでしょう。

住宅ローンを組んで購入した場合は、所有名義とローン名義の2種類が存在しています。

このどちらも名義が2人になっている場合もあれば、どちらか片方だけの場合もあり、夫婦によって異なります。

住宅ローン名義について考えると、金融機関からお金を借りた住宅ローンの契約者本人のことを債権者としています。

もし夫1人でローンを組んでいれば、夫が債務者ということになります。

一方で夫婦の収入合算でローンを組んでいる場合は、夫婦共有名義なので連帯債務者ということになります。

共有名義の場合は、金融機関の審査なしに名義を変更したりすることは基本的にできません。

もし離婚した場合、所有名義を夫か妻に変更できたとしても、住宅ローンの名義に関しては支払い終わるまで夫婦双方にのしかかり続けます。

そしてこの住宅ローンの名義変更、実はかなり難しいです。

なぜならたとえ夫婦間で住宅ローンの名義の変更に同意したとしても、債権者である金融機関を了承させることは難しいからです。

ですが全く無理というわけではなく、できる方法もあります。

その方法について考えていきましょう。

離婚による住宅ローンの連帯債務者の名義変更ってできる?


ここでは連帯債務者の名義変更の方法について考えていきます。

1つ目は住宅ローンの借り換えです。

離婚によって夫婦いずれかが単独で住宅ローンを払っていきたい場合は、ローンそのものを借り換えることで名義変更することができます。

借り換えることで、最初に夫婦共有名義だった住宅ローンは完済され、単独名義で住宅ローンを組むことができます。

2つ目は連帯債務者を他の人に変わってもらうことです。

離婚で連帯債務から離れたい場合は、代わりの連帯債務者になってくれる人を探すことで、可能になることも。

しかしながら、なかなかその説得が難しいことも多いです。

万が一代わりになってくれる人が現れた場合でも、それが認められるかどうかは、金融機関の判断になります。

離婚による住宅ローンの連帯保証人の名義変更って可能?


離婚によって連帯保証人から外れたい時はどうすればいいのでしょうか。

ここでは連帯保証人の名義変更の方法について考えていきます。

1つ目は他の連帯保証人を立てることです。

離婚によって他の人に保証人になってもらう場合は、兄弟や両親になってもらうことが多いです。

収入や他の借金などが考慮され、住宅ローンの支払い能力があるかどうかをみられます。

しかしながら、なかなかこのケースは少ないのが現状です。

2つ目は住宅ローンの借り換えです。

連帯債務者と同じく、住宅ローンの借り換えを連帯保証人なしで借り換えることで、外れることが可能です。

ただし借り換えには住宅ローンの債務残額のほかに、担保価値や収入が大きく影響してきます。

まとめ

  • 夫婦間の合意のみでは名義変更が難しい
  • 連帯債務者の場合は借り換えや他の人に変わってもらうことで変更可能です
  • 連帯保証人も借り換え、他の連帯保証人を立てることで変更可能です

いかがでしたか。

夫婦間の合意だけでは難しいですが、借り換えなどにより名義変更は可能です。

今一度、しっかりと準備して離婚するようにしましょう。