いざ離婚するとなった場合に気になるのが持ち家のことではないでしょうか。

住宅ローンや財産分与をどうすればいいのか迷う人も多いはず。

ここでは、離婚後の住宅ローンや財産分与に関してお伝えします。

男性の離婚準備!持ち家はどうする?


いざ離婚するとなったときに、今住んでいる家はどうすればいいのか悩んでいませんか。

ここでは持ち家の対処法についてお伝えします。

1つ目は夫婦どちらかがその家に住み続けることです。

せっかく建てた家を手放したくないという夫婦もいるでしょう。

夫名義で夫が住む場合はあまり問題はありませんが、離婚後に妻が住み続ける場合は、リスクがついてくる可能性もあるので注意が必要です。

2つ目は持ち家を売却することです。

離婚時に思い切って売却してしまうこともひとつの方法です。

売却してしまえば、家のことで離婚後にあれこれ連絡をとる必要もないので、精神的にも楽です。

ただせっかくの家を売却したくないという気持ちが働いてしまうかもしれません。

3つ目は賃貸に出すことです。

どうしても売却したくない人は賃貸に出す人もいます。

子供がいれば、子供の養育費などにも充てられるでしょう。

男性の離婚準備!持ち家の住宅ローンはどうすれば?


もし持ち家に住宅ローンが残っていた場合、どうすればいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

ここでは、その住宅ローンの支払いに関してお伝えします。

1つ目は夫であるあなたが支払い続けることです。

離婚後に、持ち家に夫が住むか妻が住むか話し合う必要があります。

住み続けることが前提になりますが、もし住宅ローンが夫名義の場合は、離婚後も夫が支払い続けることもあるでしょう。

2つ目はお互いが支払い続けることです。

ここでは共有名義のケースが当てはまります。

離婚後も共有名義の場合は、持ち家に夫が住んでいようと妻が住んでいようとお互いにローンを支払い続けることになるでしょう。

3つ目は妻が支払うことです。

持ち家が夫名義だったとして、離婚後に妻が住むことになり、同時に名義も変更した場合に当てはまります。

もし妻の稼ぎが少ない場合は、ローンの返済で苦しくなってしまうこともあるでしょう。

基本的に、住み続ける場合はこの3通りのどれかに該当することが多いです。

男性の離婚準備!持ち家の財産分与ってどうなるの?


もし住宅ローンが残っていて、共有名義でローンを返済していた場合、離婚後にどう財産分与すればいいのかわからない人もいるでしょう。

ここでは持ち家の財産分与について、大きく2パターンから考える必要があります。

1つ目は住宅の価値がローン残額より大きい場合です。

例えば、今の持ち家の資産価値が3000万円で、ローン残高が1000万円だとします。

この場合、家を売却すれば2000万円手元に残るという計算になります。

その場合は2000万円を分配、つまりは1000万円ずつお互いに受け取ることができるようになります。

売却ではなく住み続ける場合、住み続ける人が1000万円出る人に対して支払う必要があります。

2つ目は住宅の価値ががローン残額より低い場合です。

この場合は、持ち家には経済的価値がないと判断されてしまいます。

もし家を維持する場合は、ローンを組んだ名義人や保証人がそのまま責任を負うということになります。

まとめ

  • 持ち家は離婚後住み続ける、売却、賃貸とさまざまな選択肢があります
  • ローンの支払いも片方が支払うか双方で支払うのかさまざまです
  • 財産分与は持ち家の価値がローン残額より大きいか小さいかで異なります

いかがでしたか。

持ち家をどうするのか、またローンの支払いに関しては選択肢がさまざまです。

今一度、財産分与も含めて離婚前にしっかりとした準備をしておきましょう。