離婚をする際には親権問題と並んで財産分与の話し合いを行う必要がありますが、ローンが残っている車に関してはどのような扱いになるのでしょうか?

ここでは財産分与の際のローンの残った車の名義やローンの連帯保証人の変更ができるかといった問題を解説していきます。

離婚するときに車のローンが残っていたらどうすればよいか


離婚の際には財産分与を行わなければなりませんが、ローンが残っている車も当然財産分与の対象になります。

一番簡単なローンが残っている車の財産分与の方法としては、車を売却し、その売却益でローンを返済した残りを夫婦で分割する方法です。

しかし、車の売却益がローン残高を上回る、いわゆるオーバーローン状態の場合には、この方法で財産分与を行う人は少ないようです。

なぜなら売却した車のローン残高の残りを夫婦それぞれで折半して支払う必要が出てくるからです。

このような場合には、車を財産分与で受け取る側がローンごと引き付けるケースが多いようです。

また、ローン残高が売却益よりも低い場合には、車を売却する場合の価格からローン残高を差し引き、残りの金額を車を持ち続けたい側が財産分与の分与割合に応じて車を手放すほうに現金で支払うといった方法もあります。

このようにローンの残高に応じて車の財産分与の方法も変わってきます。

離婚時の車のローンの名義が妻になっている場合


それでは、車のローンの名義が妻になっている場合には車は財産分与のときにどのように扱われるのでしょうか。

ローンが残った車が婚姻期間中に購入したものであれば、たとえ車本体や車のローンの名義が妻の物であっても、夫婦の共有財産として扱われ、夫にも財産分与の権利があります。

ですので、前述したような方法でローンの残った車を財産分与することになります。

しかし、その車を夫が持ち続けたい場合にはどうすればよいのでしょうか?

それにはまず車のローンの名義変更を行うことが必要になってきます。

一般的にローンを支払い中の車の名義はローン会社、使用者がローンの支払者になっているので、まずは車の使用者を妻から夫に変更し、ローンの支払者を夫に変更するようローン会社と交渉する必要があります。

夫に十分な収入があれば、交渉によりローンの名義を妻から夫に変更することも不可能ではありません。

この方法でローンの名義変更ができるかどうかはローン会社の裁量権が大きいので、まずは利用しているローン会社に相談してみることをおすすめします。

離婚時に車のローンの連帯保証人を変更することができるか?


離婚時の財産分与でローンが残っている車を夫婦のどちらかが使い続けたいと思う場合があります。

その場合に車を手放す側が車のローンの連帯保証人になっている場合、連帯保証人をやめたいと言い出すかもしれません。

そのような場合、車のローンの連帯保証人を変更することは可能なのでしょうか?

車のローンの連帯保証人の変更は、購入したディーラーではなく、ローン会社に直接相談するようにしましょう。

車のローンの連帯保証人の変更が可能かどうかは、ローン会社によって異なります。

ローンの金利を上乗せすることで連帯保証人の解除をしてもらうことができるケースや、現在の連帯保証人よりも経済力がある人を連帯保証人にするなどの方法を提示してくれる場合もあります。

また、ローン自体を借り換えて、車を手放すほうの配偶者を連帯保証人から外すという方法もあります。

いずれにしても契約変更の裁量権はローン会社にあるので、そちらに相談してみることをおすすめします。

まとめ

  • 婚姻期間中に購入した車は名義に関わらず財産分与の対象となる
  • 車のローンの名義を変更したい場合には、
  • 車のローンの名義変更を行うには、車の使用者の名義変更も含めてローン会社と交渉する
  • 車のローンの連帯保証人の変更にはいくつかの方法があるので、ローン会社と交渉を行う

ここまで、ローンが残っている車の財産分与時の扱いと、ローンの名義変更、連帯保証人の変更について説明してきました。

ローンが残っている車は、財産分与を行うにあたってさまざまな手続きが必要になることが多いので、ローンの仕組みをしっかりと理解してから財産分与を行うようにしましょう。