現在、妻の素行の悪さが原因で、離婚を考える男性が急増しています。

女性と比べて男性は、家庭内のことを軽はずみに外でしゃべるということをしません。

このため、実際に夫婦間のトラブルで苦しめられている人数は、男性の場合は把握が難しいといわれています。

育児や家事の怠惰や放棄、モラハラ妻にDV妻…。

人間らしい「生活」を共に送ることのできない妻を持てば、離婚を考えるのは当然のことです。

しかしながら、実際に離婚を成立させるにも、また立ちはだかるのは「生活」の問題です。

今回は、生活必需品の一つでもある「車」をどうするかについて考えてみましょう。

ここでは特に、車の保険に焦点を当て、契約内容の変更や名義変更について解説していきます。

「妻との離婚準備」車の保険について


夫婦共に運転免許があり、「夫名義の車」に家族限定の特約をつけて、妻も車に乗っていると仮定します。

この契約は家族であることが条件ですので、離婚した時点で、契約者本人でない人は外されることになります。

離婚後、その車を妻に譲るならば、まずは車両の名義変更が必要です。

なお、車両名義を夫から妻に変更する際は、双方の「印鑑証明」が必要です。

次に保険について考えなければならないわけですが、離婚時に、必ずしも「保険の契約変更」をするとは限りません。

つまり、車両は名義変更により妻のものにするが、保険については「新規で加入」するという選択もあります。

詳しくは、次の項目で説明します。

「妻との離婚準備」車の保険を名義変更する


離婚の準備として、自動車を妻に譲り、自動車保険の契約者も妻にするとします。

この場合、これまでの「等級」をそのまま妻が継承することができます。

但し、夫が、離婚後新たに車を購入する考えを持っているなら、この方法は当てはまらなくなります。

これまでの等級を妻に継承させるには、夫が車を運転する機会がなく、自動車保険への加入も不要という条件があります。

通常は、新たに妻に自動車保険に加入してもらうのが一般的です。

なお事故率が低い=「等級が高い」ほど、保険料は安くなりますので、離婚する妻に譲りたくないと考える人は少なくありません。

「妻との離婚準備」車の保険を契約変更する


「家族限定の特約」は、同一世帯家族に当てはまる特約ですので、契約者が夫の場合、離婚した時点で妻は特約対象外となります。

契約者と同居している子供が運転している場合は、「家族限定特約」を適用することができます。

しかし、離婚後、ドライバーが1名になるのであれば、「契約者本人特約」に変更手続きをします。

では、別れる妻に対してこれまでの「等級」を引き継ぐ「契約変更」をしたい場合はどうすれば良いのでしょうか。

夫婦関係がどんなに破綻していたとしても、婚姻関係がある限り、夫と妻は家族です。

但し、離婚届を提出してしまえば夫婦は赤の他人となります。

他人に対して等級を継承することはできませんので、契約変更をするなら離婚前に手続きをすることが必要です。

まとめ

  • 住居・車など生活の要となる問題を解決しなければ、離婚は成立しない
  • 車を妻に譲り、保険は妻が新たに加入するという選択もある
  • 等級を妻に継承させるには、離婚前に契約変更手続きを済ませなければならない
  • 自動車保険は等級が高いと、保険料が安い

これまでの自動車保険を「夫がそのまま使用するのか」、それとも契約変更で「妻のものとするのか」。

この問題に決着をつけることは、双方が車の運転をしている夫婦にとって必要な離婚準備の一つです。

夫か妻のうちどちらかが新たに保険に加入することになれば、保険選びをしなくてはならないという次の問題も発生します。

現在では、離婚に際する車の相談に乗ってくれる保険会社もあります。

保険は長い期間払い続けるものですので、この機会に、様々な保険会社のプランを比較することをお勧めします。