家事を一切しない妻に不満を抱き、離婚を考えている夫もいるようです。

ここでは家事をしない妻と離婚できるのか、その際の慰謝料や親権の扱いについて説明していきます。

家事をしない妻と離婚することはできるのか?


妻が家事をしないことに不満を持っている夫がいることは前述しました。

この問題で離婚できるかどうかは妻がどのような生活を送っているかによります。

妻が激務で、自宅にいる時間が少なく、家事をする時間がないなどの場合には、家事をしないことを理由に離婚することはできません。

逆に夫のほうが時間的に余裕があるのに家事を手伝おうとすらしない場合には、夫のほうに責任が問われることも考えられます。

では、妻が専業主婦である場合にはどうなのでしょうか。

夫婦には相互扶養の義務があると民法で定められているので、夫が仕事をして経済的に家庭を支えているならば、当然家事は妻が行ってしかるべきです。

しかし、妻が妊娠中で体調が悪い、または病気であるなどの理由があれば、家事をしないことを原因に離婚をすることはできません。

妻が健康でかつ専業主婦であり、夫に十分な収入があるのに妻が全く家事をしないという場合にのみ、妻の有責で離婚することができます。

家事をしない妻と離婚するときに慰謝料を請求できるか?


妻が家事をしないということで離婚することができるケースがある事は前の章で説明してきました。

では、家事をしない妻の有責で離婚する場合には、慰謝料の請求はできるのでしょうか?

妻が健康であり、かつ専業主婦であるのに家事をすることを長期間放棄した場合、慰謝料を請求することができる可能性があります。

この場合は、何を基準に妻を家事放棄による有責と判断するか、当事者同士で話し合っても話がまとまらないことがほとんどなので、離婚調停を行うことをおすすめします。

この時に妻の家事放棄により荒れた部屋などの写真や、食事の準備ができていなかったことを記録した日記などが証拠になるので、このような証拠をコツコツと集めておきましょう。

このような証拠により、家庭裁判所の調停員に妻の家事放棄を認めてもらい、妻が民法に定められた「相互扶養の義務」に著しく違反していると判断された場合には、慰謝料を請求することが可能です。

家事をしない妻と離婚するときに親権を取ることができるか?


妻が健康で専業主婦であるにも関わらず、妻が家事を放棄している場合、夫が親権を取ることは可能なのでしょうか?

この時に問題となるのは、妻が家事だけではなく子育ても放棄しているかどうかという点です。

もし、妻が子育ても放棄しており、子どもの世話を夫が行っている場合には、夫が親権を取ることができる確率が高くなります。

なぜなら、育児放棄はネグレクトという立派な児童虐待の一種だからです。

育児放棄を行っている妻の中には、子どもの世話をする気が無いにも関わらず、養育費目的で子どもの親権を要求してくる場合があります。

このような時に妻に親権を奪われないよう、今まで夫がどの程度子どもの世話をしてきたか、逆に妻が子子どもを放置してきたかという記録を日記や写真などで残しておきましょう。

離婚調停を行う際には、必ずと言っていいほど親権は大きな問題になります。

一般的に親権は妻がが取りやすくなっていますが、それは妻がメインで子育てをしているためです。

妻が育児放棄を行い、子どもの世話を夫がしているというきちんとした証拠があれば、夫が親権を取りやすくなります。

もし、子どもの親権を得たいと思うのであれば、妻の家事・育児放棄の証拠をしっかりと集めてから離婚調停に臨むようにしましょう。

まとめ

  • 妻が健康な専業主婦である場合に限り、家事放棄を理由に離婚することができる
  • 妻の家事放棄の悪質さや期間によっては慰謝料の請求が可能
  • 妻が家事とともに育児も放棄している場合には、夫が親権を取りやすくなる

ここまで、妻が家事をしない場合に離婚できるか、慰謝料や親権はどのような扱いになるのかについて説明してきました。

妻の家事放棄が民法で定められた「相互扶養の義務」に違反していると認められた場合には、妻の有責で離婚することができ、また慰謝料の請求も可能です。

妻が家事のみではなく、育児も放棄しており、夫が育児を行っている場合には、夫が親権を得ることも不可能ではありません。