夫婦間の金銭感覚の違いについて悩んでいる夫も多いといわれています。

ここでは、妻との金銭感覚の違いによって離婚できるか、また慰謝料や養育費はどのように扱われるかを説明していきます。

妻との金銭感覚の不一致で離婚することができるか?


金銭感覚の違いによって離婚できるかという問題ですが、結論から言うと金銭感覚の違いを理由に夫側から一方的に離婚をすることはできません。

この根拠は、金銭感覚の違いが民法上の「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認められないからです。

もし、金銭感覚の違いによる浪費により妻が借金を作っている場合は別ですが、基本的に金銭感覚の違いを理由に離婚を希望する際には、妻も離婚に同意している必要があります。

金銭感覚の違いにより夫が離婚を希望する際には、話し合いによる協議離婚か、それでも妻が離婚に応じない場合には裁判所に離婚調停を申し出る方法での離婚となります。

しかし、妻の浪費が激しく、通常の結婚生活が続けられない場合や、借金を作ってい待った場合に度は、妻の浪費を立証することで、スムーズに離婚することが可能です。

妻が高価なブランド品や宝石を購入していたり、ギャンブルに多額のお金をつぎ込むなど、妻自身のためのみの浪費を行っていた場合には、さらに離婚しやすくなります。

妻との金銭感覚の不一致で離婚するときに慰謝料を請求できるか?


金銭感覚とは、ある意味結婚までの人生の中で培われてきたものなので、金銭感覚の不一致は、性格の不一致と同様にどちらに非があるといった問題になるケースは少ないようです。

妻側が極端な浪費をしていたり、逆に節約しすぎて生活に支障が出るようなケースは異なりますが、一般的な金銭感覚の不一致を理由に離婚する場合には、慰謝料の請求を行うことは難しいでしょう。

妻側が極端な浪費を行っていいるなど、妻側に問題があると第三者に認められるケースでは、妻に慰謝料の支払いを請求することができますが、その場合でも妻に支払い能力がない場合には、実際に慰謝料を手にすることは困難です。

また、金銭感覚の違いが原因で離婚する際に、離婚調停を裁判所に申し立てている場合には、慰謝料を請求することで調停が長引くことが考えられます。

もし、妻の浪費による生活費等を返してもらいたい場合には、財産分与の話し合いの際に、浪費を行った妻の分与割合を少なくするという方法で浪費分を回収することをおすすめします。

しかし、この方法で浪費分を回収するためには、妻がどの程度浪費していたかを立証する必要があるので、きちんと妻の浪費の証拠を集めておくようにしましょう。

妻と金銭感覚の不一致が原因で離婚する際に親権を取ることができるか?


妻との金銭感覚の違いにより離婚する場合、一般的に親権は夫婦のどちらが取るのでしょうか。

妻がきちんと子どもの世話をしている場合には、妻に親権が渡ると考えておいたほうが良いでしょう。

妻の金銭感覚が多少一般的な物ではない場合でも、親権問題は妻に有利に運ぶケースがほとんどです。

なぜなら、親権はそれまで子どもの世話をメインで行っており、離婚後も子どもに良い生活環境を与えることができる親に渡るからです。

そのため、妻が子どもの世話をきちんと行っている場合には、妻側に親権が渡ります。

もし、夫が子どもの親権を望む場合には、連れ去りなど強引な手段を取らず、父子の生活を整え、円滑に生活していく事が出来、もしもの場合には夫の両親など周囲の人にサポートを受けることができるという子どもの生活にとって良い環境を与えながら、養育実績を積んでいく必要があります。

もちろん、妻が浪費により金銭的に子どもに不自由な思いをさせている場合や、満足に世話をしていない場合には、親権問題は夫側に有利に進みます。

まとめ

  • 単なる金銭感覚の不一致の場合、夫婦双方の同意がないと離婚できない
  • 妻側に明らかな浪費がない場合には慰謝料請求は難しい
  • 金銭感覚の不一致により離婚する場合には親権は妻にわたるケースがほとんどである

ここまで、金銭感覚の不一致が原因で離婚することができるか、その際に慰謝料や親権はどのようになるのかについて説明してきました。

単なる金銭感覚の不一致での離婚の場合には、どちらかが離婚の原因とは決めかねるので、慰謝料の請求も難しく、子どもの親権もほとんどの場合妻に渡ることがお分かりいただけたと思います。

しかし、妻側の多額の浪費やそれによる借金がある場合などは、妻側の有責で離婚できることもあります。