妻が生活費の使い込みを行った場合、それを理由に離婚することは可能なのでしょうか?

ここでは妻の生活費の使い込みを理由とした離婚と、その際の親権や財産分与の問題について説明していきます。

妻の使い込みが原因で離婚できるか?


まず、妻が生活費の使い込みを行った場合に、離婚することができるかどうかについて考えてみましょう。

生活費の使い込みとはどのような状態を指すのかが問題となりますが、妻が使ったお金が高価なものの購入に充てられたとしても、それが生活していくうえで必要な物である場合には、生活費の使い込みには当たりません。

妻が生活に必要がない高価な宝石や高級車の購入、ギャンブルなど妻のみのために生活費を使った場合には生活費の使い込みと認められます。

このような生活費の使い込みは、民法上の「婚姻を継続しがたい渋滞な事由」に当てはまるため、離婚は可能です。

当人同士の話し合いで生活費の使い込みを原因とした離婚の話し合いがまとまれば、協議離婚を行うことができますが、話し合いが上手くいかない場合には、家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行う事をおすすめします。

この時、妻の生活費の使い込みを調停員に立証できる証拠を集めておくと調停が夫に有利に進みます。

妻の使い込みが原因で離婚する場合に親権を取ることができるか?


妻の生活費の使い込みが原因で離婚する場合、夫が親権を取ることは可能なのでしょうか?

一般的に親権問題は女性に有利になるケースが多く、生活費の使い込みをしていても、子どもの面倒を妻がきちんと見ていた場合には、夫が親権を取ることは難しいでしょう。

しかもその傾向は子供が小さければ小さいほど強くなります。

しかし、生活費の使い込みによって、生活が困窮し、子どもに満足な食事を与えられなくなったなどの事態が生じている場合には、話が変わってきます。

子どもの親権者は、夫婦のうちどちらかになりますが、この基準は子どもにより良い生活環境を与えることができるほうに定められます。

ですので、夫が子どもの親権を取りたいと思ったら、まず子どもの世話を夫が行い、養育実績を積みながら、離婚後にひとり親家庭になっても夫の両親など周囲の協力が得られる環境づくりを行っておく必要があります。

離婚調停などで、妻より夫のほうが子供に良い環境で生活させることができると認められれば、夫が親権を取ることも不可能ではありません。

妻の生活費の使い込みで離婚する場合に財産分与はどのようになるのか?


近年では妻が専業主婦でも財産分与は半々に行われるという「二分の一ルール」が主流となっていますが、生活費を使い込まれた上に残りの財産を半分も分与しなければならないという状態にほとんどの夫は不公平感を抱くでしょう。

妻に浪費した生活費の返還を求める民事訴訟を起こすことも可能ですが、離婚の際の財産分与で、使い込んだ生活費を差し引いて財産を分けることで使い込み分を清算するケースが多いようです。

このように、財産分与の際に使い込み、または浪費分を清算することは可能ですが、そのためには妻がいくら生活費を自分一人のために使い込んだか、金額を明確にする必要があります。

財産分与の対象となる財産は結婚後に築いた夫婦の財産ですが、その分与割合は財産を築く上での寄与度により異なってきます。

夫が稼いできた生活費を、妻が使い込みにより浪費していたことが立証されれば、当然妻の財産形成への寄与度は低いとみなされ、財産分与の分与割合も低くなります。

まとめ

  • 妻の浪費による生活費の使い込みがあった場合には離婚の理由となる
  • 生活費の使い込みがあっても、妻に親権が渡るケースが多い
  • 妻の生活費の使い込み分は財産分与の分与割合を低くすることである程度回収できる

ここまで、妻が生活費を使い込んだ際に離婚はできるか、親権や財産分与に関する問題はどのように扱われるかについて説明してきました。

妻の生活費の使い込みと認められるのは、生活費の使用目的によるので、どんなに高価な買い物をしたとしても、それが生活していくために必要な物である場合には使い込みとは認められません。

また、妻が浪費のために使い込みをしていた場合には、その事実を立証する必要があります。