離婚による財産分与で、住宅ローンがオーバーローンの場合は、しっかり話し合い、どうするか決めなくてはなりません。

離婚後の財産分与で、住宅や住宅ローンの扱いは、金額がおおきく、一番の問題になります。

この記事では、そもそも財産分与とはどういうことなのかを説明します。

そして、オーバーローン住宅がある場合の財産分与の方法についても、説明していきます。

離婚の時の財産分与とは?


離婚の時の財産分与では、いままでの夫婦生活の中で築いてきた財産を夫と妻で分ける事をいいます。

夫側からすれば、「僕が働いて稼いだ金で払った住宅は、僕のものだ!」と言いたいものです。

しかし、結婚してからの財産は、妻が専業主婦の場合でも、平等に財産を分割しなくてはなりません。

妻が家事をしてくれていたから、夫は働けていたという解釈になります。

「家事なんて全然してくれなかったのに。。」

という言いたくなるかもしれませんが、夫婦生活の中で築いてきた財産は、しっかりわけないといけません。

例えば、車をもっていた場合で、ローンが払い終わっている場合は、現在の車の販売価格が財産としてみなされます。

車を売却して折半するか、その車を乗り続ける方が、販売価格の半額を相手側に渡す必要があります。

離婚の財産分与で住宅はどういう扱いになるの?


離婚後の財産分与で、多くの場合、住宅が一番大きな財産になります。

それと同時に、住宅ローンが一番の債務となる場合がほとんどです。

売却するかどうかを決めるまえに、すんなり売却できるかを知る必要があります。

住宅ローンの残高と、現在の住宅の販売価格を知る必要があります。

住宅ローン残高が、販売価格を下回っていた場合は、アンダーローンとなります。

アンダーローンの場合は、住宅を売却して、住宅ローンを返済し、残ったお金を財産分与します。

または、どちらかがいまの住宅に住み続ける場合は、残ったであろう金額の半分を相手側に支払う事で、財産分与します。

販売金額から住宅ローンを引いた金額を、現在の財産とみなし、それを折半する訳です。

住宅ローン残高が、販売価格を上回っているオーバーローン住宅だと、話しはそう簡単にはいきません。

離婚の財産分与で住宅ローンがオーバーローンだったら?


オーバーローン状態の住宅をオーバーローン住宅と呼びます。

オーバーローン住宅の財産分与は、住宅を販売してローンを返済したあとのローンの残高を、債務とします。

離婚後、どちらかがその住宅を所有する代わりに、債務も同じく引き受けるというのも一般的な方法です。

住宅の価値を債務で相殺するイメージですね。

または、夫側が所有権をもち住宅ローンを払い続け、子供を連れた妻側にその住宅を貸すという場合もあります。

その場合は、養育費の代わりに賃料を無料にしたり、養育費を住宅ローン返済が上回る場合に、その差額を家賃としてもらう場合もあります。

ここでの取り決めは、親権の行方や、お互いの経済状況などをふまえて、後々もめないようにしっかり取り決めましょう。

取り決めた内容は、公正証書などを作成しておくと、後々反故にされる心配が減ります。

まとめ

  • 財産分与は夫婦生活で築いた財産を分ける
  • 車も財産分与の対象
  • 住宅は一番大きな財産
  • 住宅ローンは一番おおきな債務

離婚の時の財産分与について説明してきました。

財産分与は、夫婦生活の中で築いてきた財産を、離婚の時に平等に分けることを言います。

車などの高価なモノも財産分与の対象になるので、注意が必要です。

そして住宅は一番の財産で、住宅ローンは一番の債務となります。

住宅ローン残高や、住宅の販売金額をしっかり調べて、あとで揉めないように取り決めを行いましょう。