「慰謝料」の記事一覧

セックスレスで妻と離婚したい!慰謝料や親権はどうなる?

セックスレス 慰謝料

行政と協力している団体「日本家族計画協会」が、2014年にセックスレスの実態調査をしました。 これによると、セックスレス状態にある夫婦の割合は、全体の44.6%という数字が出ています。 長く性的関係がなく不満があるという状態を、一般的にセックスレスと呼ぶようです。 これに対し、日本性科学会はセックスレスを以下のように明確に定義づけしています。 特別な理由もなく、夫婦の合意した性交・セクシュアルコンタクトが1ヵ月以上ない状態のこと。 今回は、セックスレスが原因の離婚をテーマに取り上げ、慰謝料問題、親権問題について解説します。

家事をしない妻と離婚したい!慰謝料や子供の親権どうなる?

慰謝料 親権

家庭とは、家族全員にとって「居心地が良い」「リラックスができる」場であるのが本来の姿です。 掃除・炊事・洗濯等の家事は、現代社会では妻の仕事という捉え方はされていません。 しかしながら、夫が圧倒的に外にいる時間が長い場合、家事の分担にも限界があります。 妻が、時間があるのに一切家事をしようとせず、自由気ままに生活を送っているとすれば、夫婦関係が破綻することは充分に考えられます。 今回は、家事をしない妻との離婚をテーマに取り上げます。 堕落した生活を送る妻に対し、慰謝料は請求できるものか否かを実際の事例から探ってみましょう。 また、気になる「子供の親権問題」についても解説していきます。

性格の不一致で妻と離婚したい!慰謝料や子供の親権どうなる?

慰謝料 親権

日本では離婚が増加し続けています。 現在は、2~3分に1組のスピードで離婚が成立する時代といわれています。 離婚経験者全てが原因をオープンにしているわけではありませんので、何が理由で離婚に踏み切ったのかを明確に数値化することはできません。 ただ、公になっているケースの統計では、離婚理由は「価値観の相違」や「性格の不一致」が最も多いことがわかります。 婚姻生活において「この人とはやっていけない」と感じるのは、何か大きな決定打があったときとは限りません。 むしろ、日々のすれ違いや価値観のズレの積み重なりが、耐え難い苦痛になるケースが多いといわれています。 性格の不一致が原因で夫から離婚を切り出した場合、妻はどう反応するものなのでしょうか。 世間の事例を基に、慰謝料問題や子供の親権問題に関する具体例をご紹介します。

DV妻の暴力で離婚したい!慰謝料や子供の親権はどうなる?

慰謝料 親権

今回取り上げる離婚問題は、逆DVとも表現される、妻からのドメスティックバイオレンスがテーマです。 警視庁が発表した、配偶者または恋人からのDVによる「男性被害者」の割合は急速に増加傾向にあります。 一昨年までは10%前後で推移してきた男性被害者から警察への相談件数は、昨年度は前年比の2倍にまで上がりました。 法律事務所や生活相談センター等に持ち込まれた相談件数は把握が難しいため、実際にはまだまだ多くの被害者がいることが推察されます。 ここでは、DV妻からの暴力に離婚という方法で決着をつけるための準備について考えます。 特に、被害者としての「慰謝料請求問題」と「子供の親権問題」にどう備えるべきかを解説します。

モラハラ妻と離婚したい!慰謝料や子供の親権はどうなる?

慰謝料 親権

著名人がモラハラを理由に離婚したことで、モラルハラスメントの認識は一気に世間に広がりました。 その後、多くの既婚者が「自分もモラハラを受けている」と自覚するようになり、モラハラの相談件数は爆発的に増えています。 現在では「特定の人にだけ連絡メールを流さない」等の社内モラハラも問題視されています。 そしてここ最近は、妻からのモラハラに苦しめられる「夫の存在」がクローズアップされています。 今回取り上げるテーマは、「モラハラ妻との離婚問題」です。 離婚に際しては多くの事柄が悩みの種となりますが、中でも特に関心の高い「慰謝料」と「親権」を中心に解説していきます。

ページの先頭へ