「財産分与」タグの記事一覧

離婚と住宅ローン…家は売却して財産分与したほうがいい?

住宅ローン 財産分与

離婚の時に大きな問題になるのが「住宅ローン」です。 離婚の際に、元妻と元夫で今までの財産を分ける「財産分与」を行います。 その「財産分与」の時に、一番大きな財産が「家」になり、一番大きな債務(借金)が「住宅ローン」となる方がほとんどです。 とてもエネルギーを使う離婚の話し合いの中でも、「子供の親権」に次いで、大事な取り決めになるでしょう。 今回の記事では、財産分与のとき、家や住宅ローンをどのように扱えばいいのかを説明します。

離婚と財産分与…借金や夫婦共有名義のローンも対象になる?

財産分与

離婚する時の財産分与で、借金や夫婦共有名義のローンがどうなるかは、気になるポイントだと思います。 財産分与は、「夫婦生活で築いた財産」が対象になります。 しかし、夫婦生活で出来てしまった借金も、もちろん対象となります。 貯金がある場合は、単純にその貯金を分けますが、借金の場合は違います。 「何に使ったのか?」が大事になってきます。 もし離婚する時に借金が合った場合は、相手にも返済してもらう義務がある場合もあります。 この記事を読んで、何が財産分与の対象になるのかしっかり確認しておきましょう!

離婚前に確認!独身時代に買った車や貯金も財産分与の対象?

財産分与

離婚する前に、独身時代に買った車や貯金が財産分与の対象になるのかを確認しておきましょう! 財産分与は、「夫婦生活で築いた財産」を離婚の時に精算することを言います。 離婚する前に、財産分与についてはしっかりと妻側と話しておきましょう。 離婚後、2年間は遡って財産分与の権利を主張することができます。 しかし、お互い新しいスタートを切ったあとに、またお金の話をするのは気が重いですよね。 そうならないためにも、離婚の話し合いの中でしっかり決めておきましょう。 この記事では、どこまでが財産分与の対象になるのかを詳しく解説していきます。

妻と離婚…財産分与の対象となる期間はいつからいつまで?

財産分与

離婚するときに、とても大事な取り決めの一つに財産分与があります。 結婚生活において夫婦で築いた財産を、離婚の時に精算して、夫婦で分けるというものです。 財産分与では、片方が贈与されたお金や、相続したお金は対象にはなりません。 しかし、「夫側が働いて稼いだお金」は、妻が専業主婦としてサポートしていたからとみなされて、基本的には50%に分けられてしまいます。 僕の場合は、結婚後約5年で離婚したので、大きな財産もなく、住宅だけ売却してその残りを分けるという形で決着しました。 しかし結婚生活がながくなればなるほど、夫婦の共有財産は多くなっているでしょう。 今回の記事では、財産分与の対象となる期間について説明していきます。

離婚と財産分与。住宅ローンがオーバーローンの場合は?

住宅ローン 財産分与

離婚による財産分与で、住宅ローンがオーバーローンの場合は、しっかり話し合い、どうするか決めなくてはなりません。 離婚後の財産分与で、住宅や住宅ローンの扱いは、金額がおおきく、一番の問題になります。 この記事では、そもそも財産分与とはどういうことなのかを説明します。 そして、オーバーローン住宅がある場合の財産分与の方法についても、説明していきます。

ページの先頭へ